可視光通信(Visible Light Communication: VLC)とは,発光ダイオード(light emitting diode: LED)などの照明を人の目に分からないほど高速に点滅(変調)させることで情報伝送を行う通信のことである.
照明にデータ伝送機能が加わったモノ、あるいは(人には分からないが機械なら判別できる)データを伴う照明と言ってもよいであろう.
LEDはものすごい勢いで普及が進みつつあり,それこそ至る所にある.照明にデータ伝送機能が加わるだけでユビキタスを実現するためのモノとなるだけで無く,ITSを推進する起爆剤ともなり得るのである.